in

📢| スモアがニコチン中毒の先駆的な研究プロジェクトを発足

※この記事は日本語専用記事となります。

中国・深セン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界最大の電子たばこメーカーであるスモアは本日、ニコチン中毒に関する世界初のリアルタイムモニタリング研究プロジェクトを発足させたと発表しました。


スモアの新しい研究プロジェクトは、深セン先進技術研究院(SIAT)との提携により、電子たばこ製品のニコチン強度を最小限に抑え、最終的に中毒を引き起こすレベル以下にする最善の方法を追究することが目的です。

ノーベル賞受賞者のエルヴィン・ネーアー博士の支援を受けた深センネーアー神経可塑性研究所は、深センでノーベル賞受賞者の名前を冠した6番目の研究所であり、神経科学を専門とする最初の研究所でもあります。「この研究所は、現代神経科学の最先端技術を駆使して、病気や中毒の機構をより深く理解するために、人間の脳の研究に傾注しています。」

今回の共同研究では、動物の脳におけるドーパミンの分泌や代謝を調べ、そのデータを使用して、ニコチンを摂取した時のヒトの脳の状態をシミュレーションしていきます。研究室では、FEELMの霧化によって実現したエアロゾル環境と可燃性たばこの1つを実験対象に暴露させ、対照実験を行います。

このプロジェクトは、成人の電子たばこ吸引者のニコチン摂取量を減らし、その後のニコチン依存症を減らすことを目的としています。また、この研究は、スモアの研究開発チームが、発熱体や霧化装置の変更などを通じて電子たばこデバイスの設計を改善し、送達効率の向上により吸引体験を向上させることに役立ちます。

このプロジェクトに取り組む研究者らは、電子リキッドの霧化をモニターし、人体におけるニコチンの送達、吸収、代謝をより深く理解していきます。また、この研究により、さまざまな器官を介したニコチンの吸収についての理解が深まり、電子たばこで体験する感覚的な満足感が明らかになることでしょう。

スモア深セン基礎研究所の副所長であるDr Xiong Yumingは、次のように述べています。

「電子たばこと燃焼式紙巻きたばこの霧化プロセスは非常に異なっており、霧化およびたばこの燃焼に由来する物理的および化学的な特性も明確に異なります。

私たちの研究は霧化とたばこ燃焼の基本的な機構に着目して、これら製品の健康影響を低減できるよう、ニコチンの送達と吸収について追究することを目指しています。」”

このプロジェクトは、中国重慶市の西南大学の支援を受けており、電子たばこと燃焼式たばこに含まれるニコチンの脳への影響の違いについて、2022年後半に段階報告書を発表する予定です。このニコチン依存症に関する共同研究により、世界でニコチン依存症の撲滅を目指します。今後、FEELMは、満足度を損なわずにニコチン量を限りなくゼロに減らし、ニコチン依存症にならない製品を提供することを目指しています。

FEELMについて:

スモアの主力技術プランドのFEELMは、世界をリードするクローズド・ベイプ・システム・ソリューション・プロバイダーです。世界有数のセラミック・コイル加熱技術に基づき、FEELMは本物の風味の再現技術と革新的な電子技術を組み合わせ、最高の感覚と上質な吸引体験をもたらします。

スモアについて:

スモアは、ODMベースのHNB製品のための電子たばこ機器や電子たばこ部品の製造を含む電子たばこ技術ソリューションの世界的大手であり、高度な研究開発技術、強力な製造能力、幅広い製品ポートフォリオ、多様な顧客基盤を有しています。

フロスト&サリバンによれば、スモアは収益で世界最大の電子たばこ機器メーカーとして、2021年時点で世界の市場シェアの22.8%を占めています。その世界的な市場シェアは、2位から5位のシェアの合計を超えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

For more information or journalist queries, please contact Tommy Gilchrist on 0044 7388 110 679 or via tommy@davidroach.co.uk. 中国・深セン


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。