in

📢| キオクシア株式会社:業界初の「XFM DEVICE Ver.1.0」準拠PCIe®/NVMe™リムーバブルストレージデバイス「XFMEXPRESS™ XT2」の評価用サンプルの出荷について

※この記事は日本語専用記事となります。

モバイル機器など各種IoTシステムの可能性を広げる、保守性と機能性に優れた新しいコンセプトの小型ストレージ


東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — キオクシア株式会社は、ウルトラモバイルPCなど小型モバイル機器向けに、業界で初めて[注1]「XFM DEVICE Ver.1.0」規格に準拠したPCIe®/NVMe™リムーバブルストレージデバイス「XFMEXPRESS™ XT2」の評価用サンプルを開発し、本日からOEM顧客に256GBと512GBモデルの出荷を開始します。

「XFM DEVICE Ver.1.0」はJEDECが2021年8月に公開したPCIe / NVMeリムーバブルストレージデバイスの規格で、小型の新しいフォームファクターやコネクターを採用し、機能性と保守性に優れたデバイスを実現します。当社は、2019年8月に開発中の「XFMEXPRESS」を「フラッシュメモリサミット2019」に参考展示した後、JEDECでの「XFM DEVICE Ver.1.0」の規格化を経て、今回業界で初めて同規格に準拠した製品「XFMEXPRESS XT2」の評価用サンプルを開発しました。ウルトラモバイルPCや各種モバイル機器など、IoTシステム向け製品の可能性を広げる新しいコンセプトのストレージ製品です。

「XFMEXPRESS XT2」は、6月15日から17日まで幕張メッセで開催の「Interop Tokyo 2022」(ブース5P15)および、6月21日から23日までドイツ・ニュルンベルクで開催の「embedded world 2022」(ブース3A-11)において展示とデモを行います。

「XFMEXPRESS XT2」の特長:

  • 保守性:「XFMEXPRESS XT2」は保守やアップグレードのために容易に交換することが可能な新しいコンセプトの小型リムーバブルストレージデバイスです。堅牢でコンパクトなパッケージと、交換が容易な保守性と機能性により、搭載アプリケーションの設計上の技術的制約を軽減させることが期待できます。
  • モバイル機器に適した小型サイズ:

    「XFM DEVICE Ver.1.0」で規格化された14mm × 18mm × 1.4mmのサイズで面積252mm²の、小型で高さを最小限に抑えたフォームファクターは、ウルトラモバイルPCなどモバイル機器に適しています。
  • インターフェース:

    PCIe Gen4.0 x2レーン、NVMe 1.4bの高速インターフェースに対応しています。

[注1] 2022年6月14日時点。キオクシア株式会社調べ。

* PCIe は、PCI-SIGの登録商標です。

* NVMeはNVM Express, Inc.の米国またはその他の国における登録商標または商標です。

* その他、本文に掲載の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:

販売推進統括部

Tel: 03-6478-2427

https://business.kioxia.com/ja-jp/buy.html

*本資料に掲載されている情報(製品の仕様、サービスの内容およびお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:

キオクシア株式会社

営業企画部

高畑浩二

Tel: 03-6478-2404


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。