in

📢| AGICキャピタルがグラフォトロニックの過半数株式を取得

※この記事は日本語専用記事となります。

  • AGICキャピタルは、デジタル・ラベル印刷および電気自動車(EV)バッテリー市場向けのロールツーロール自動製造ソリューションで急成長する大手メーカーのグラフォトロニックの過半数株式を取得
  • AGICキャピタルは、グラフォトロニックの既存・新規市場での世界的成長を加速し、商業・業務能力をさらに強化すべく経営陣と共に投資

ロンドン & 香港–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 高品質の工業・医療企業への投資に注力する欧州・アジア・プライベート・エクイティ・ファンドのAGICキャピタルは本日、ロールツーロール自動製造ソリューションの大手メーカーのグラフォトロニックABとその子会社(グラフォトロニック)の過半数株式(数は非公開)を現株主から取得したと発表しました。

2004年に設立されたグラフォトロニックは、デジタルラベル仕上げおよびEVバッテリー市場向けに、非常に特徴的なモジュール式ソリューションを開発しています。当社は、デジタル仕上げ分野に注力してからの過去5年間に大きな成長を遂げ、EVバッテリー市場でもその分野の大手企業と提携し、さまざまな製品の製造技術に関してその地位を築いています。

AGICは、回復力のある高成長市場でのグラフォトロニックの地位、モジュール式製品のコンセプト、自動化および製品・サービスの接続性を含む強力な技術革新能力、少資産の事業モデル、熱心でダイナミックな経営陣、魅力的な財務内容に魅力を感じました。経営陣と協力しながら、AGICは今後、既存の欧州の中核市場と米国・アジアのデジタル仕上げおよびEVバッテリー分野で、グラフォトロニックの継続的な国際的成長を支援します。

グラフォトロニック創業者のHåkan Sundqvistは、次のように述べています。「これは、当社の夢をかなえるための重要なステップであり、企業としての願望を実現し、持続可能な未来を確保するための健全な経営判断です。AGICの支援により、当社は将来の成長可能性の実現を加速させ、お客さまにさらに革新的なソリューションを提供しながら、生産能力と研究開発能力を大幅に向上させられます。AGICの協力を得て、当社は世界中で最大の開発能力を発揮できます。」

AGIC取締役で英国責任者のベン・ミッチェルは、次のように述べています。「グラフォトロニックに投資し、経営陣を支援して次の成長段階を実現できることをうれしく思います。グラフォトロニックの買収は、AGICの投資戦略、すなわち大きな成長可能性を持つ優れた欧州の中小企業の経営陣と提携し、その可能性を実現するために積極的かつ実践的な支援を提供することを例証するものです。」

AGICキャピタルについて

2015年に設立されたAGICは、先進的な工業・医療技術企業への投資に注力する欧州・アジア・ファンドで、22億米ドル以上の資産を運用しています。当社は、中小企業のバイアウトや成長段階投資を対象とし、カスタマイズされた実践的アプローチを採用して、市場浸透計画の策定・実行について投資先企業を指導・支援しています。AGICは、ミュンヘン、ロンドン、香港、上海、北京にオフィスを構えています。詳細情報については、www.agic-group.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

AGIC Capital

Ben Mitchell
Email: ben.mitchell@agic-group.com
T: +44 20 3926 5513

 


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。