in

📢| マベニアがTMフォーラムの「エコソフトeヘルス」カタリスト・プロジェクトを通じて動的なネットワークスライシングの革新を実現

※この記事は日本語専用記事となります。

米テキサス州リチャードソン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — あらゆるクラウドで動作して世界の接続方法を変革するクラウドネイティブソフトウエアでネットワークの未来を築くネットワークソフトウエアプロバイダーのマベニアは本日、最近終了した2021年TMフォーラム「エコソフトeヘルス」カタリスト・プロジェクト(業界の重要課題に革新的なソリューションをもたらすプログラム)の一部として、動的なネットワークスライシングとフルフィルメントを成功裏に完了したと発表しました。

このカタリスト・プロジェクトは、5Gスライシングを介して医療施設へのサービス提供を国際的に実現し、手術や遠隔患者治療などの使用例における人工知能(AI)、仮想現実(VR)、仮想知的カウンセリングエージェント(VICA)の使用に対処するものです。これらを実行するためには、低遅延かつ高性能な5Gネットワークが、手術や遠隔患者治療において非常に重要です。

オレンジ、TIM、NTTなどのベンダーと共同で実証した「エコソフトeヘルス」カタリスト・プロジェクトは、医術・医療分野で動的なネットワークスライシングと高度なサービス保証機能を採用することを狙ったものです。このプロジェクトでは、ネットワークのさまざまなレイヤーにおける高度な統合とインテリジェンスによって、今後の使用例を強化し続けていきます。

マベニアの最高技術・戦略責任者(CTSO)であるBejoy Pankajakshanは、次のように述べています。「カタリスト・プロジェクトは、業界連携による革新のためのプラットフォームを提供します。このプロジェクトは、医療の分野に適用可能な5Gの能力を証明するものです。極めて重要な遠隔リアルタイム通信に必要なグローバルネットワーク資源が動的に確保されるだけでなく、マベニアのTMフォーラム準拠ソリューションを通じてサービス品質保証(SLA)を常にモニタリングすることで、アプリケーションサービスプロバイダーがあらゆる障害の発生時に配信チャネルを調整してSLAを満たせるようにします。」

TMフォーラムの最高技術責任者(CTO)を務めるジョージ・グラス氏は、次のように述べています。「このプロジェクトでは、遠隔医療の使用例に対して意図主導型の手法を採用し、ミッションクリティカルなトラフィックの優先順位付けとセキュリティー確保を行っています。プロジェクトの目標には、業務自動化や通信事業者間ネットワークリソースの動的拡張性の実現が含まれます。また、カタリスト・プロジェクトは、サービスの注文、プロビジョニング、保証、課金、体感品質(QoE)にも対処するものです。」

マベニアはTMフォーラムの会員であり、Bejoy Pankajakshanはオープン・デジタル・フレームワーク諮問委員会の委員も務めています。また、業界唯一のエンドツーエンドのクラウドネイティブ・ネットワーク・ソフトウエア・プロバイダーであるマベニアは、プロジェクトの目標を達成するために不可欠なクラウドネイティブのBSSOSSソリューション一式すべてを提供しており、すべてのインテグレーションはTMフォーラムの標準APIに基づいています。

プロジェクトへのリンク – https://myaccount.tmforum.org/networks/21-0-224/index.html

マベニアについて:

マベニアは、あらゆるクラウドで動作するソフトウエアベースの自動化された単一ネットワークというビジョンに力点を置きながら、ネットワークの未来を築き、先進的技術を先駆的に切り開いています。エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワークソフトウエアを提供する業界唯一の企業として、マベニアは世界の接続方法を変革することに傾注しており、120カ国以上で世界の加入者の50%以上にサービスを提供する250社超の通信サービスプロバイダーのために、ソフトウエアネットワークの変革を推進しています。www.mavenir.com

TMフォーラムについて

TMフォーラムは、世界トップ10のネットワークおよび通信プロバイダーを含め、180カ国に及ぶ850社以上の会員企業からなる協会です。会員企業は、互いの総体的な経験や能力を活用して、業界全体の複雑な課題を連携して解決し、新しいサービスを展開し、変化を加速させるための技術的なブレークスルーを生み出しています。

当協会は、通信サービス事業者(CSP)とその供給業者がデジタル時代に変革し、繁栄するための支援を行っています。その目的で、当協会はオープンで協業的な環境と実務的なサポートを提供し、これによりCSPと供給業者が事業運営、ITシステム、エコシステムを迅速に変革して、急速な進展を見せるデジタル分野で見られる機会を活用できるようにします。www.tmforum.org

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mavenir PR Contacts:
PR@mavenir.com
Maryvonne Tubb (US)

Emmanuela Spiteri (EMEA)

TM Forum Media Contact:
tmforum@championcomms.com


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。