in

📢| オースターが高解像度デジタルライダーセンサーの需要拡大に対応すべく日本と韓国に拡大

※この記事は日本語専用記事となります。

新たに任命した販売担当職のリーダーシップにより、地域全体でデジタルライダーの普及が加速する見込み

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 自動車、産業、スマートインフラ、ロボット工学の業界向けに高解像度のデジタルライダーセンサーを提供する一流企業であるオースター (NYSE: OUST) ( 「オースター」または「当社」 ) は本日、当社のデジタルライダーの採用を促進するため、アジア太平洋地域における商業的プレゼンスを日本と韓国に拡大することを発表しました。また オースターは、日本の販売担当責任者としてマイケル・モズジェチコフ( Michael Mozzhechkov) を、韓国の販売担当責任者としてスティーブン・キム(Stephen Kim) を任命し、拡大する顧客基盤に対して現地での販売とサポートを行うことを発表しました。

オースターのアジア太平洋地域担当バイスプレジデントであるクレメント・コング(Clement Kong)は、次のように述べています。「 オースターが日本と韓国にプレゼンスを拡大したことで、重要な末端市場におけるデジタルライダーの需要拡大の商機をつかむ上で、有利な立場に立ちました。当社には既に産業用やロボット用の業界から大きな引き合いがあり、その他の目標業界でも関心が高まっています。国内で商業担当の指導職を任命したことで、新たなリードを生み出し、顧客への直接販売を増加させるとともに、顧客やエコシステムパートナーに以前にも増して迅速なサポートを提供していく予定です。」

オースターは、高解像度のデジタルライダーセンサーの需要拡大に対応すべく、日本と韓国のお客さまに対するサービス提供に本腰を入れています。 オースターは既に、日本と韓国における有力な販売会社である岡谷鋼機(株)(OKAYA & CO., LTD.), (株)オーピーティー(OPT Technologies)、PSYGIG(株)(サイギグ)、UCSに加え、認知ソフトウエア企業にしてインテグレーションパートナーのKudan(クダン)、ソウル・ロボティクス、Avikusと協力して、当社が対象とする業界分野における多様なアプリケーション向けのソリューションをサポートしています。

Michael Mozzhechkovは、ルメンタムやヴァレオを含むセンシング技術企業で研究・エンジニアリング・商業の業務に携わってきた20年以上の経験を持ちます。スティーブン・キムは、現代自動車、テキサス・インスツルメンツ、オン・セミコンダクター、NXPセミコンダクターズを含め、自動車および半導体の業界における大手多国籍企業で販売・事業開発・エンジニアリングに携わってきたほぼ30年の経験を持ちます。

オースターの販売担当者と連絡を取るには、https://ouster.com/company/contactにアクセスしてください。オースターの販売/インテグレーションパートナーに関する詳細情報については、https://ouster.com/partners/distributorsをご覧ください。

オースターについて

オースター(NYSE:OUST)は、産業、自動車、スマートインフラ、ロボット工学の業界向けに高解像度のデジタル・ライダー・センサーを提供する主要企業です。オースターの製品は、価格・性能ともに優れ、何百ものユースケースに対応できる柔軟性を備え、産業界全体で革命的な自律性を実現できる一連の要件に基づいて構築されています。オースターは、米州、欧州、アジア太平洋、中東にオフィスを構え、50カ国以上に約600社の顧客を擁しています。詳細情報については、www.ouster.comをご覧ください。また、ツイッターまたはリンクトインで当社をフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、オースターの戦略に関する記述など(これに限定されない)、1995年民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味での将来見通しに関する記述が含まれています。将来見通しに関する記述は、当社の財務状況、競合状況、将来の営業業績、計画、目標、将来の注文と事業に関するオースターの現在の期待と予測を示すものです。将来見通しに関する記述は、過去または現在の事実に厳密に関連していないことで識別することができます。これらの記述には、将来の営業業績や財務業績、その他の出来事の時期や性質に関する記述に関連して「見込む」、「推定する」、「期待する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「かもしれない」、「予定する」、「するはずだ」、「持ちうる」、「可能性が高い」などの言葉や同様の意味を持つその他の言葉が含まれることがあります。すべての将来見通しに関する記述はリスクと不確実性を伴い、実際の結果は当社の予想と大きく異なるものになる可能性があります。これには、オースターの事業歴が短いことと損失の過去があること、当社顧客の交渉力と製品規格、当社業績の変動、契約の取り消しもしくは延期または履行失敗、オースターの製品の採用とライダー市場全般の成長、当社の販売・マーケティング組織を成長させる当社の能力、新製品を開発・商業化するために必要な相当の研究開発費、オースターが事業を行う競争環境、目標市場での当社製品の採用、将来の資金需要、租税属性を活用する当社の能力、重要な第三者の供給業者(特にBenchmark Electronics, Inc.)およびメーカーへの当社の依存、在庫を保持する当社の能力および棚卸資産の評価減のリスク、市場成長の不正確な予測、成長を管理する当社の能力、顧客の信用力、買収に関連するリスク、国際事業に関連するリスク、製品納入の問題または不備というリスク、製品保証に関連する経費、競争力のある平均小売価格や高い売上高を維持したり製品コストを低減したりする当社の能力、当社顧客の業界における状況、重要な人材を募集・保持する当社の能力、当社による習熟作業者派遣組織の利用、知的財産権を適切に保護・行使するオースターの能力、規制と基準の変更に効果的に対応するオースターの能力、公開企業としての事業運営に関連するリスク、COVID-19の世界的流行病に関連するリスク、2021年8月19日付けの当社の最終目論見書と当社が米国証券取引委員会に届出・提出したその他の報告書に記載されているその他の重要な要因が含まれます。このような将来見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点での経営陣の推定と見解を示すものです。オースターは、将来のある時点でこのような将来見通しに関する記述を更新する可能性はあるものの、その後の出来事によって見解が変わったとしても、法律で要求される場合を除き、そのような義務を負うものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For Investors
Sarah Ewing

investors@ouster.io

For Media
Heather Shapiro

press@ouster.io

For Sales
South Korea – Stephen Kim

Stephen.kim@ouster.io

Japan – Michael Mozzhechkov

michael.mozzhechkov@ouster.io


 ビジネスワイヤ

プレスリリース配信と欧米の証券取引所へのファイリング業務のグローバル・リーダーであるビジネスワイヤは、200カ国50言語に渡り、B2BからB2Cまで世界の企業ニュースを発信しています。通信社、記者、専門誌、機関・個人投資家、企業情報プロバイダー、規制当局、ポータルサイトなどの情報源であるビジネスワイヤはウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの子会社です。

この記事は、ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社とPORTALFIELDとの提携により、コンテンツ全文をお届けしています。著作権者の許可を得ずに転載や引用をすることを禁止します。